株式会社ファルコン

ご挨拶

 株式会社ファルコンは、1988年に誕生し「お客様のニーズと期待に応える高品質の成果品提供、地域密着型建設コンサルタントとしての社会貢献」を企業の方針とし、お客様の身近な相談相手として信頼される建設コンサルタントを目指し、2018年には創業30周年を迎えることが出来ました。

 この間、お引き立ていただきましたお客様には、心より深く御礼申し上げるとともに、当社にご支援を頂きましたすべての関係者の皆様にはもちろん、当社社員とご家族様にも心より深く感謝する次第です。

 昨今の事業環境では、コロナ禍による制限や規制、多発する自然災害の影響など、建設コンサルタント業界にも大きな時代の変化が到来しております。
 しかしながら、事業環境の変化の時代とは言え、「技術サービス業」である建設コンサルタント業は、人と人のつながりが大切なことは必然であり、ニーズと期待に応え、信頼される建設コンサルタントでなければならないと考えております。

 株式会社ファルコンは、今後とも社会資本整備の時代の多様化されたニーズに応え、新技術への取り組み、高い技術力を培い、高品質の成果品を生み出し、社会に貢献できる企業として、健全かつ持続的な発展に向け尽力して参ります。

 今後とも役職員一同、より一層お客様から信頼される企業を目指し努力して参る所存でございますので、何卒、ご支援ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

令和3年9月1日
- 株式会社ファルコン 代表取締役社長 岡田 充弘 -


品質方針


会社概要

商号
株式会社ファルコン
業種
建設コンサルタント・測量業
所在地
登別本社
〒059-0028 登別市富岸町二丁目11-12 イクタビル
TEL : 0143-82-6011 / FAX : 0143-82-6013

札幌支店
〒060-0807 札幌市北区北七条西七丁目1-30 RICH7・7ビル
TEL : 011-709-0381 / FAX : 011-709-0382

東京事務所
〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目17-12 吾妻ビル3階
TEL : 03-6435-1625 / FAX : 03-6435-1626
設立
昭和63年3月
平成12年12月(株)橋梁設計コンサル(登別)と
(株)新構造(札幌)が合併し、社名を(株)ファルコンに改称
資本金
1,100 万円 (授権資本 2,000 万円)
代表者
岡田 充弘
取締役
大村 登喜夫(取締役 会長)
本田 弘明(取締役支店長)
職員数
21名(男性17名 / 女性4名)
有資格者
技術士(総合技術監理部門)1名
技術士(建設部門・鋼及びコン) 2名
技術士(建設部門・道路) 1名
技術士(建設部門・上下水道) 1名
RCCM(鋼構造及びコンクリート) 2名
一級土木施工管理技士 6名
道路橋点検士 2名
測量士 1名
第一種下水道技術検定 1名
一級造園施工管理技士 1名
登録
建設コンサルタント登録 (建30)第4428号
測量業者登録  第(5)27171号
売上高
第33期(平成30年7月~令和01年6月) 202百万円
第34期(令和01年7月~令和02年6月) 206百万円
第35期(令和02年7月~令和03年6月) 162百万円
取引銀行
北海道銀行 北二十四条支店
北洋銀行  登別支店
主要取引先
国土交通省 北海道開発局・北海道・登別市他道内市町村
民間建設コンサルタント・民間橋梁メーカー等
関連会社
有限会社クアス

会社案内

経営方針

技術に特化した少人数プロ集団を目指します

経営理念

会社の利益を追求することで全従業員の物心両面の充実に貢献する
顧客への貢献、及び満足度を得ることを通じて己の技術の研鑽を図る

組織図

組織図

事業所案内

胆振、日高地方の官庁を主体とした道内官庁業務を行っています。
【設計部】

土木構造物の計画・設計・施工計画
道路の計画・測量・設計
河川・砂防の計画・調査・測量・設計
点検業務【橋梁・構造物・付属物・防災】
地質調査・防災関連業務
官庁・民間コンサルタントの橋梁及び構造物を主体に行っています。
【技術部】

橋梁・構造物の計画・設計・架設計画
橋梁の維持・補修及び耐震補強設計
点検・診断業務【橋梁・構造物・付属物】
鉄道の鋼構造及び複合構造【SRC】の計画・設計
鉄道関連施設の鋼構造物計画・設計


【企画開発部】

下水道の調査・点検・診断
下水道のストックマネジメント業務
JR関連の鋼構造物を主に民間コンサルタント業務を行っています。
【技術部・鉄道グループ】

鉄道の鋼構造及び複合構造【SRC】の計画・設計
鉄道関連施設の鋼構造物計画・設計